GoogleAdWordsでB2BとB2Cをターゲティングする方法

GoogleAdWordsでB2BとB2Cをターゲティングする方法

大きな課題であり、よくある(そして素晴らしい)未回答の質問:AdWordsで小売顧客ではなく企業をターゲットにする方法。

One way is to target using keywords, such as “wholesale,” or “for business.” This helps assume it’s a business in the keywords search query. This simple method helps you segment out the market you’re targeting, which is one way to do it. However, it’s not always that simple.

課題があります。 たとえば、ドッグフードを卸売りで提供している場合、「ドッグフード」を検索している人が小売店を探している可能性があります。 キーワード「ドッグフード」は、B2BとB2Cの両方にすることができます。 「卸売り」や「ビジネス」などの修飾子を実装しても解決できないこのようなキーワードは他にもたくさんあります。それらは一般的なクエリを検索し、B2BまたはB2Cなどの最良の取引を探します。 解読するのは難しいです。

キーワードの後に​​資格を得る最良の方法は、広告を介することです。 たとえば、クライアントが大企業向けの翻訳サービスを行っている場合、小規模なB2C翻訳はそれらに関連していません。 誰かが「ドキュメント翻訳サービス」を検索した場合、この検索が大規模なB2Bクライアントを対象としているのか小規模なB2Cを対象としているのかがわかりません。 「DocumentTranslationService」という見出しを付けることをお勧めしますが、B2CとB2Bを区別するためにXNUMX行目を変更します。

For example, writing “any document in over 40 languages” can bring in both B2B and B2C clients. If you spell out “for business only, $200 minimum” to target B2B only, all the B2C clients that don’t have the budget will be disqualified.

Before starting your B2B AdWords campaign, you should be made aware that there are much more searches for B2C, as there are lots more consumers than businesses. This will result in high impressions, but low clicks as this will disqualify many people, which will give you a bad CTR; many are afraid of this as it results in a bad quality score: this is inevitable. The alternative is getting a great CTR, but the resulting traffic having no value to you. So, take the hit on your quality score, CPC and CTR, but get the right people clicking on your ad; they are qualified traffic and are better off targeting the right people.

+424

    保証付きのマーケティング予算をさらに活用しましょう!

    サインアップして、GoogleAdWordsアカウントを確認および修正する方法に関する無料のヒントを入手してください